会員専用ページ
ログイン
ショッピングカートを見る
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
佐藤 守

こんにちわ。店長の佐藤守です。

数あるショップの中から、当店にご来店いただきありがとうございます。

実店舗は、1941年(昭和16年)創業の八百屋&酒屋です。

より一層お客さまに喜んでいただけますよう、努力してまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

rss atom
ホーム 自然派ワイン アルベルト アングイッソラ カゼビアンコ 2015 白
カゼビアンコ 2015 白
アルベルト アングイッソラ

カゼビアンコ 2015 白     

生産者:アルベルト アングイッソラさん
生産地:イタリア エミリア・ロマーニャ
品種:マルヴァジーア、モスカート、オルトゥルーゴ、マルサンヌ
アルコール度数:%
容量:750ml
輸入元:ヴィナイオータさん

2015年再入荷です。

ピチピチ♪のシュワッシュワ♪です。

あれ?こんなにガスがあったっけ?
記憶と資料を読み返すと近年のヴィンテージの中では若干ガスがあった方ですが、ここまで舌に発泡が感じるほどではなかったし、それよりも果実由来の『邪魔しない甘み』、『嫌らしさない甘み』が発泡感との相乗効果で私の全てを癒してくれる。

『胸がドキドキします!』
『大好きです!』

色だけでもクラクラきますね。

グラスに注ぐと、きめ細かい小さな気泡がグラスの中で縦横無尽に動き回っているのが確認できます。

口に含むと完熟して糖度が増したマンゴーやパイナップルのような芳醇な果実とともに、杏を口一杯に食した感覚、舌を刺激する溌剌としたガスがテンションを上げる!
ピンククレープフルーツのような酸味と皮の渋味が全体の良いアクセントとなる。

梅酒の炭酸割でも飲んでいるような雰囲気だろうか?
オレンジピールの甘味、酸味、渋味の融合にも近い。

『自然な甘みってこれなんだよな〜』と思って頂けるだろう、ブドウ以外何も入れない、引かないナチュラルで邪魔の無い甘み。好きな人多いんじゃないでしょうか!

今日からご来店された皆様全員に強制的にオススメさせてください(笑)

現地で約2年間瓶熟されたことによって、酵母たちが瓶の中で自由に動き、行きたい方向へ向かった物語の途中。

この物語を今感じる(飲める)事の幸せ。
アルベルト、太田社長、ヴィナイオータの皆さん、ありがとうございます。

まさに美味しい果実酒!
身も心もこの一杯、一本にゆだねてください。
日常の晩酌にも気軽に登場させることが可能な価格帯です。
癒されちゃってくださいな!

温度は上げてもまったりと飲めますが、個人的には冷やし気味で。
冷蔵庫から出した冷やし気味が面白いと思います。8度〜10度ぐらい。


根菜類の牛肉巻き
鶏の唐揚げ。
油淋鶏が文句なしに旨いだろう!
タイ料理など東南アジア系の料理との相性は最高かと。
チンジャオロースや野菜なら温野菜に濃厚なエゴマドレッシングで。
水牛のチーズ。
何となくこんな料理や食材と。



〜生産者情報〜(ヴィナイオータさんより)
国際的なスプレー缶製造メーカーで働きつつ、ワイナリーを運営していた兼業農家のアルベルト、2011年12月、日本からの帰国早々に会社から、彼の働いていた工場を2012年1月に閉鎖することを決めたと告げられます。そしてアルベルト個人には、他の2工場でのより高い役職のオファーがありました。良い話のように聞こえますが、大きな問題点が…それら2工場が彼の住むピアチェンツァから200km離れたところで、とても通える場所でないという…。
もうしばらく働き続けてワイナリーに投資するためのまとまったお金を稼ぐか、それともサラリーマン生活にピリオドを打って専業農家となり、ワイン生産だけで生活していくかという大きな選択肢を突き付けられます。
まだ決めかねているという状態の時にもらったメールにはこんなことが書かれていました。
ブドウ栽培とワイン生産だけで生きていくという事、つまり生きていくための糧の獲得手段をすべて自然に委ねることで、より多くの教訓、そして大きな喜びが得られるって気がしているんだ。そして恐らく、家族が普通に生活していく位は、どうにかなるんじゃないか…ともね。
その3週間後に、やっぱワインだけで生きていくことにしたわ!というメールが届きました。この選択を予想はしていたのですが、それが今後の彼のワインにポジティブなものをもたらすことを確信している僕としては非常に嬉しかったです。この事とは関係なくですが、同時期にワイナリーとして大きな出来事が2つあります。 まずは2012年に、ワイナリー近くに1ha強のピノ ネーロを植えます。数年後には、彼のピノのスタンダードライン、カゼの生産量が増えることになると思います!
もう1点は2011年から、ワイナリー近くの、後継者に恵まれずに栽培放棄されそうになっていた高樹齢の樹が植わる区画を借り始めたこと。赤品種はバルベーラとボナルダで樹齢50年以上、白品種はマルヴァジーア、モスカート、オルトゥルーゴ、マルサンヌで樹齢40年以上にもなり、品質の良いブドウが獲れるのに放って置くのはもったいないというのもありますが、それ以上に高樹齢の樹を人が手をかけつつ維持すること自体が文化継承(の望みをつなぐこと)になるという思いがあったのだと思います。
この区画のブドウから、白は4品種を混醸、8-10日間の軽い皮ごとの醗酵を行わせたワインを、赤はバルベーラ&ボナルダという伝統的なセパージュでスティルワインをメインに造り、地場消費も目論んでかこの地域一帯の伝統に根差した微発泡性ワインも実験的に造っています。



4〜10月の間はお客様に良い状態でワインをお届けする為、
クール便でお送りしておりますが、近年の大きな気温変動により
春先、3月下旬の春分の日前後、
秋口は立冬前後の11月中旬でも20度近くなる場合は
状況によって期間外でもクール便での発送をお願いする場合がございますので、
ご了承ください。その際にはメールかお電話でクールの有り無し、
発送日、着日の変更等を確認しお届け致します。
生産者からお預かりしている大切な農産物、
極力良い状態でお渡ししたいと思っております。
ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。

受注メールにて、正確な金額をお知らせいたします。
(送料、クール代の有無を含めた金額をお知らせ致します)

商品到着後速やかに、14度前後の冷暗所(温度は一定に保てるようにしてください)で
保管してください。常温での保存は厳禁です。
抜栓後の保管も14度前後の冷暗所での保管をお願いします。
(ワインセラーが無い場合は新聞紙に包んで野菜室などでも大丈夫です。)



・ 販売価格

2,406円(税込)

・ 在庫数
8個
・ 購入数